売出価格で不動産売却

不動産売却する売出価格は高いほうがいい
そのためには土地や家の売却に手慣れた不動産業者に物件売却の依頼する方法が一番のおすすめだ

 

バブル時代に不動産物件を購入した40年前の会社員が今年金生活に突入している
高齢者の年金生活者の年金平均はおよそ17万円程度と言われている
毎月の生活費は6面円ほどの赤字らしい

 

だから今住んでいる以前に購入した戸建て住宅やマンションを高値で売却したい高齢の年金生活者が後を絶たない

 

働き盛りの時代には景気も良く給料もタップリもらっていたので住宅ローンを組み新築の住宅の購入ができたのだ

 

その父親も年齢と共に相続が発生し
父親名義の不動産を子供や残された妻が売却することになる

 

もともと自分たちが棲んでいた自宅には愛着があり売りたくない家族たちであるが

 

年金生活の苦しさに勝てず
かといって息子たちが高給取りのサラリーマンどころか
いわゆるニートという訳のわからない生活を送っている様子

 

こうなると遺族たちは残されたマンションや住宅不動産を売却する以外手がないのだ

 

住宅ローンの残債は亡き父親の住宅ローン保険により残債はなく抵当権も抹消されており事故物件扱いとは程遠い優良物件になっている

 

家賃の支払いも不要だッたので家の手入れも良く

 

売却一括査定をしてみると以外にも高値の売却査定が出た

 

こうなると義母や子供たちは目の色を変えて専任媒介契約へと走り
そのがあっさりと不動産は買い手の元に移譲される

 

登記簿も名変されめでたく売却金額を遺族が受け取れることになるのであった